THEO~テオ~

テオは、1987年、ベルギー・アントワープでウィム・ソーメルスとパトリック・フートによる眼鏡ブランドです。ともに眼鏡店の経営者だった二人は、クリエイティブなデザインの眼鏡をつくるという共通の信念のもと事業をスタート。1989年、パリのシルモ(国際眼鏡見本市)で世界デビューを果たしました。そこで展示した商品は、それまで主流だった単なる視力矯正具から、アクセサリーとしてファッション性を重視した独自のスタイルで、眼鏡界に新風を巻き起こしました。当初、自由奔放な発想で生み出されたコレクションは前衛的だと評されましたが、次第に幅広く支持されるようになります。
ブランド名はデザインを担当するパトリック・フートの「Hoet」の綴りを入れ替えて「THEO(テオ)」と命名されました。一方のウィム・ソーメルは社長として経営を担当。妥協のないフレームライン、大胆な色使い、先端技術でつくられた確かな品質、ちょっぴりのユーモア、特に人の表情と眼鏡とのハーモニーを追及するパトリック・フートのデザインセンスは実に見事です。テオがこだわるのは、感性を語る眼鏡づくり。それはフレームをデザインすることばかりに囚われず、かける人の個性を引き立てることを念頭にデザインし、それに必要な最新技術を取り入れながらつくり込むことなのだといいます。
 "Theo loves you!"というスローガンが反映されたテオの眼鏡は、そのフィロソフィーを共有できる厳選された眼鏡店のみで取り扱われています。その規模は世界50カ国におよび、世界中の洒落者たちを魅了し続けています。