KIRK ORIGINALS~カークオリジナルズ~

1919年、シドニー・カークとペルシー・カークは、壊れかけたミシンをレンズ加工機に改良し、眼鏡業界に多大なる影響を与えました。80年以上経った現在、現デザイナーであるジェイソン・カークは、彼の父が営業している店や祖父の隠し部屋から眼鏡フレームを手に入れ、伝統ある様々な眼鏡フレームを引き継ぎながらも、オリジナリティ溢れ厳選された素材を元にユニークかつ大胆な眼鏡やサングラスを創造し始めました。 KIRK ORIGINALSは、過去・現在・未来から着想を得ながら進化を続け、メガネとファッションの境界を越えたオリジナリティ溢れるデザイン。定番的なラウンドタイプのサングラスにテンプル部分のみ蛍光色のアクリル材を用いるなど、ユニークな作品を数多く発表しています。